面白画像 笑える人は大人です
検索
タグ
関連ブログ
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安編)
from 中国語奮闘記
無料でエロ動画 クリスタ..
from クリスタルミス 無料・無修正動画
リアディゾンが脱いだ!
from リアディゾンが脱いだ
米倉涼子セミヌードCMで..
from 米倉涼子セミヌードCMでポロ..
かぎ針編み情報リンク集
from かぎ針編み情報リンク集
エロ
from エロ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
目 瞳 瞼
c0124744_1123342.jpg

c0124744_1124943.jpg

遊び人のジェイクは結婚したというのに、いまだに遊び癖が抜けない。三日ぶりに家に帰ると、妻が凄い癇癪で待ち受けていた。
「待っていた私の気持ちが分かる?もし、私の姿が何日間も見えなかったら、あなたはどうなの?」
「ああ、嬉しいね!」
調子に乗って、うっかり口を滑らせたジェイク。
お陰で、それから数日妻の姿が見えなくなってしまった。
漸く反省したジェイク、瞼の腫れが引いてきて妻の姿がおぼろげに見え始めた

c0124744_11317.jpg

トムがバーで学生時代の仲間たちと居合わせた。
15年ぶりのバカ話のついでに「瞳がブラウンの女はきっと浮気をする」
と、聞かされた。
あやしい胸騒ぎを覚え、早々に家に帰ってみた。
妻のキャシーに「おい、ちょっと瞳の色を見せてみろ」
「なによ、やけに早く帰って来たと思ったら何の検査よ」
トムがのぞいて見ると、まさに問題の色。
「ブラウンだ!お前、浮気をしたな」
と叫んだ。
するとベッドの下から隣家のブラウンがはい出して来て、
「どうして、オレがここにいると分かったんだ?」
c0124744_1131017.jpg

c0124744_1132320.jpg

c0124744_1133451.jpg

c0124744_1134425.jpg

c0124744_1135355.jpg

将軍様は体調が優れず、死が脳裏をよぎる。そこで占い師のところへ行き、自分が死ぬ日はいつなのかを問うた。占い師は目を閉じ、未来の領域へ静かに手を伸ばし、答えを見出した。 「あなたは、日本の祝日に死ぬことになっています」

「どの祝日だ?」 将軍様は神経質そうに問う。

「現在の祝日は関係ありません」 占い師は答えた。 「あなたが亡くなった日が、日本の祝日になるのです
c0124744_1141670.jpg

c0124744_114294.jpg

c0124744_1143953.jpg

銀行の融資担当窓口で,男はなんとか融資を受けようと,長い間熱弁をふるった。
ついに融資係が言った。
「あなたへの貸し付けが成功するかどうかは5分5分で,なかなか判断がつきませんな。データが少ない。よろしい。私の片方の目は義眼ですが,それがどちらか当てられたら,融資するとしましょう」

男は融資係の目をじっと見つめた。
「右目が義眼ですね?」

「これは驚いた」融資係は言った。「今まで誰一人として当てた人はいなかったのですが,どうして分かったのです?」

「右目の方が暖かくて人間らしく感じたもので。」
c0124744_1145097.jpg

c0124744_115387.jpg

c0124744_1151425.jpg

生物学の時間に教授が尋ねた。
「人間の体で興奮時に6.2倍に膨張する唯一の器官は何かね、キャサリン」
突然指名されたキャサリンは顔を真っ赤にしながら言った。
「どうして私がそんな質問に答えなきゃいけないんですか?」
教授は深い失望を浮かべて冷ややかにこう言った。
「キャサリン、君に伝えておきたいことが三つある。
第一に、学生ならば授業は真面目に聞くべきだ。
第二に、人間の体で興奮時に6.2倍に膨張する唯一の器官は瞳孔だ。
第三に、君が何を想像したか知らんが、人生に過度な期待は禁物だよ」
c0124744_1153754.jpg

むかしむかし、若くて男前の王子がいました。
しかしふとしたことで魔女の怒りをかい、王子は呪いをかけられてしまったのです。
その呪いとは、1年に1文字しか話せないというものでした。
もし1文字も話さない年があれば、翌年2文字話せます。
手紙や身振りも許されなかったので、相手に意志を伝えようと思ったら、
何年もかけて文字数をためるしかありません。
ある日、王子は散歩の途中で美しい姫に出会いました。
金色の髪、ルビー色のくちびる、サファイア色の瞳。王子は一目で恋に落ちました。
本当はすぐにでも『アイシテル』と言いたかったのですが、5文字しゃべるために、その後の5年間ひとこともしゃべらず待ちました。でも5年たつと『ケッコンシテ』も言わなくてはと思い、更に5年待ちました。
そうして初めての出会いから10年後、やっと王子はプロポーズ!
「愛してる。結婚して」
王子の言葉に、姫は金色の髪をかき上げ、サファイア色の瞳で王子をみつめ、
ルビー色のくちびるを開いて答えました。
「え?なに?
c0124744_115479.jpg

「・・アイツを殺した犯人は、俺が必ず見つけ出すよ」
こんな卑劣な嘘も吐けるんだ。自分で戦慄した。
「本当に? 約束してくれる?」
彼女は泣き顔をあげた。俺の瞳を直視する。
「ああ。見つけたら、殺してやる」
「・・・ありがとう」
彼女の表情からは、俺への感謝よりも、アイツへの愛が溢れていた。

パーン!!!

「見つけたよ。君の瞳のなかに」
c0124744_116115.jpg

c0124744_116029.jpg

c0124744_1162546.jpg

【初体験】
生まれて初めてだった。一生忘れることはない。
できるならもう一度。決して後悔しないから・・・。

空は薄暗く、月は高くそびえ、2人は見つめ合ていた。
「千鶴さん・・・」
「耕一さん・・・」
柔らかい髪。黒い瞳。
分かっていた。彼女の求めているものを。
柔らかい肌。美しい脚。
指を走らせる。彼女の背中をつたって。
今ではもう忘れてしまった 。でも無我夢中だった。
触った。自分の手で彼女の胸を触った
怖かった 鼓動が激しくなる。
彼女はゆっくりと脚を広げた。
そのときは 恥ずかしくなんてなかった。
突然  白い液体が出てくる。

ようやく終わった・・・何もかも終わった・・。
ぼくの初体験
牛の乳搾り・・・。
c0124744_1164297.jpg

c0124744_1165841.jpg

ある晩、いつものように夫が妻の体を愛撫し始めた。
すると妻は言った。
「今日はダメ。明日は産婦人科に行く日なのよ」
夫は残念そうに言った。
「そうか、それなら仕方ないな」

夫は眠りにつこうとして目を閉じたが、しばらくして目を開き、妻にこう言った。
「明日、歯医者に行く予定はあるのかい?」

c0124744_1171181.jpg

息子が沙織に言った。
「ねえ、なぞなぞだよ。だ円形で、いつも濡れていて、
周りに毛が生えているもの、な~んだ?」
沙織はうろたえて、息子の瞳をしっかり見据えて言った。
「お母さんそんな下品な話嫌い!!」
すると泣きながら息子はこう言った。
「目じゃないか!なんでいけないんだよ」
「あ! そうかーそうだよね。ごめんね」
「うん、いいよママ。じゃあ、もう一回、だ円形で、いつも濡れていて、
周りに毛が生えているもの、な~んだ?」
「え? さっきと一緒だよ~」
「ううん、ちがうよ、ママが今考えたものだよ」
[PR]