面白画像 笑える人は大人です
検索
タグ
関連ブログ
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安編)
from 中国語奮闘記
無料でエロ動画 クリスタ..
from クリスタルミス 無料・無修正動画
リアディゾンが脱いだ!
from リアディゾンが脱いだ
米倉涼子セミヌードCMで..
from 米倉涼子セミヌードCMでポロ..
かぎ針編み情報リンク集
from かぎ針編み情報リンク集
エロ
from エロ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボディペイント 鳥
c0124744_532165.jpg

マリアさんは鳥を飼おうとペットショップへ。
店員「この鳥は、どうでしょう、命ずるものは何でも壊してしまうんですよ。」
信じられないような、マリアさんの顔つきを見て、店員がデモンストレーションをする。
店員「デストロイヤー ”箱”」
するとその鳥はそばにあった箱を目茶目茶に破壊してしまった。
それを見ていて、マリアさんは、夫が家にいる時は、テレビで好きなサッカーばかり観ていて、自分と話もしないのを思い出し、
マリア「この鳥はテレビも壊すかしら?」
店員「何でも、命ずるものは壊しますよ、"デストロイヤー"の後に壊したいものの名前を言えばいいんです。

マリアさん、鳥を持って、家に帰りますと、何時ものように夫がテレビの観戦中。それでも、珍しく振り向いた夫が訪ねました。
夫「なんだい、その鳥は?」
マリア「デストロイヤーって言うの。」

夫「デストロイヤー? ”マリア”」
c0124744_532945.jpg

5人の医者がカモ撃ちにいった。

鳥影を見て、最初内科医が散弾銃を構える。
「うーん、あれがカモかどうかはっきりしない。セカンドオピニオンを求めたい」
カモは逃げてしまった。

次に小児科医が構える。
「どうもあれはまだ子供のカモみたいだ。もうちょっと様子見よう」
カモはまた逃げた。

次は精神科医が鉄砲を構える。
「私はあれがカモであることを認識しているが、あれは自分がカモであることを知っているだろうか?」彼が悩んでいる間にカモは逃げてしまった。

そうこうする間、頭上に何か現れたような気配がしたやいなや、外科医が鉄砲をぶっ放し、そばにいる病理解剖医に声をかける。

「カモだったかどうか見てきてくれない?」
c0124744_5321830.jpg

離れて暮らしている母親に、3人の息子がそれぞれ誕生日の贈り物をした。
一郎:「僕は豪邸をプレゼントしたんだ。12LDKだぞ!」
二郎:「僕はベンツをプレゼントしたんだ。運転手付きだぞ!」
三郎:「僕は話すオウムをプレゼントしたんだ。聖書から六法全書まで暗記しているし、歌も歌えるし話し相手にもなる。豪邸とベンツを合わせてもまだ足りないほど高かったんだぞ!」
しばらくして、母親からみんなに手紙がきた。



『一郎、豪邸をありがとう。でも母さんは、1人であんな大きな家には住めません。掃除が大変です』
『二郎、ベンツをありがとう。でも母さんは、健康のためいつも歩くようにしています。あの運転手とは合わないし』
『三郎。母さん、三郎のプレゼントが一番うれしかったです。母さんのこと、本当によくわかってくれていますね。とても美味しい鳥でした』
c0124744_5323679.jpg

ロールスロイスの技術者は、旅客機や戦闘機の風防に向かって、
死んだ鶏を高速で発射する特殊装置を製作した。
しばしば発生する鳥の衝突事故を模して、風防の強度試験をするためだった。
この発射装置のことを耳にしたアメリカの技術者たちは、
是非それを使って最近開発した高速列車のフロントガラスを試験してみたいと考えた。
話し合いがまとまり、装置がアメリカへ送られてきた。
発射筒から鶏が撃ちだされ、破片飛散防止のフロントガラスを粉々に打ち破り、
制御盤を突き抜け、技術者がすわる椅子の背もたれを二つにぶち割り、
後部の仕切り壁に突き刺さった光景に技術者たちは慄然とした。
驚いたアメリカの技術者たちは、
悲惨な実験結果を示す写真にフロントガラスの設計図を添えてロールスロイスへ送り、
イギリスの科学者たちに詳しい意見を求めた。

そして返事の手紙が届いた・・・

”チキンを解凍してください”
c0124744_5324485.jpg

ある日本の女性が英国人と結婚し、イギリスのほうで暮らすことになった。
彼女はあまり英語が得意ではなく、夫とのコミュニケーションは一応こなせるが
日常生活では困難が多かった。中でももっとも困るのは買い物である。

彼女はある日、豚足を買いに出かけたが店の人に何と言っていいかわからなかった。
そこで彼女はその場で自分のスカートをまくりあげ、足を指差した。
店員はその人のいいたいことを理解し、豚足をもってきてくれた。

またある日、彼女は鳥のムネ肉を買いにいった。
彼女はまた何といっていいか分からないので、ブラウスのボタンをはずし胸を見せた。
店員はにやけながらも了解し、女性に鳥のムネ肉を渡した。

さて、またある日彼女はソーセージを買おうと思った。
しかし、またしても何と言っていいのかわからない。
彼女は困ったあげく、夫を店に連れて行った。そして・・・・・

夫に英語で伝えてもらった。
c0124744_5325317.jpg

そろそろ雌鶏たちに新しい雄鶏をあてがってやらねばなるまい、と年老いた農
夫は思った。今の雄鶏もまだまだ仕事はできるけども、もう飼ってから何年に
もなる。まあ新しい雄鶏を買ったからといって悪いことにはなるまい...。
そこで市場に行き、新しい雄鶏を買って帰った。家に着くと、彼は雄鶏を庭に
放してやった。

さて、年老いた雄鶏の方はといえば、新しい雄鶏が気取った調子で歩くのを見て、
自分のことが少し心配になった。そうか、俺のことをお払い箱にするつもりなん
だ、と年老いた雄鶏は考えた。これは何とかしなければ...。彼は新しく入っ
てきた鳥の方へ行き、こう話しかけた。

「新しく入ってきたプレイボーイというのはお前のことか?
 自分のことを精力モリモリだと思っているだろうが、俺だってまだ肉にされ
 ちまうには早すぎる。お前なんかにまだまだ負けない自信があるんだ。
 そこでどうだ、このニワトリ小屋を走り回るレースで勝負しないか?
 ここを10周して勝った方が、雌鶏たちを全部自分のものにするってのはどうだ」

「いいだろう」、と若い方の雄鶏は答えた。
彼のプライドが高かったし、こんな老いぼれに負けるわけがないと思ったからだ。
そして更にこう付け加えた。
「あんたじゃ相手にならないから、半周のハンディをやろう。
 もっともそれでも簡単に俺が勝つだろうけどね」

2羽の雄鶏はニワトリ小屋へ向かった。雌鶏たちもみな集まって見物し始めた。
レースがスタートすると、雌鶏たちは雄鶏にぎゃーぎゃー声援を送り始めた。
1周まわった段階では、年老いた方の雄鶏がまだリードしていた。2周目では
ちょっと差を詰められたけどまだ頑張っていた。でも悲しいことに、周が進む
につれてだんだんとその差は縮められてきた。

ここに来て、農夫の爺さんがこの騒ぎに気が付いた。家の中に急いで戻ると、
ショットガンを持ってすぐさま飛び出して来た。狐か何かが自分のニワトリを
追いかけていると思ったからだ。
庭に出てみると、2羽の雄鶏がニワトリ小屋の周りを走っているのが見えた。
この時、若い方の雄鶏が年老いた雄鶏の後ろにピタリと迫っていた。農夫は
すぐさまショットガンを構え、ねらいを付けて撃った。

ズドーン!

撃たれたのは若い方の雄鶏だった。

農夫は死骸にゆっくり近づきながらこうつぶやく。
「ちくしょうめ、オカマの雄鶏を買っちまったのは今月これで3度目だ」
c0124744_533059.jpg

 金髪と赤毛と黒髪の美女3人が聖なる山に登った。
その山の頂上から自分のなりたいものの名を叫びながら走り降りると
願いがかなうという。
黒髪「私は鳥になって大空を駆け回りたいの!」
 すると黒髪の美女はワシに変身し,大空へ飛んでいった。
赤毛「私は狼になって,森の中で自由に生きるわ!」
 赤毛は狼に変身し,森の中へ消えていった。
金髪「私は・・・」
 金髪は駆け降りる途中,石につまずいてしまった。




「あ~クソ!」

c0124744_533851.jpg

動物の好きな女性が町を歩いていると、小鳥等を売っている店の前を通りかかる。
中に入ると可愛いオウムがいて、それを買いたくなりました。
店員に値段を聞くと手頃な値段です。
ただ 店員が言うには、
ここにくるまでソープランドで飼われていたので汚い言葉を使うということでした。
それでも その女性は家に買って帰りました。
家に着くと、周りを見回していたオウムが、
「新しい家に、新しい女主人。」 と言っています。
しばらくして 二人の娘が帰ってきました。
それを見たオウムが、
「新しい家に、新しい女主人、そして新しいソープ嬢達。」と言いました。
それを聞いて娘たちは苦笑いです。
夜になりご主人が帰って来ました。
すると オウムは、
「新しい家に、新しい女主人、そして新しいソープ嬢達に、常連の田中さん。」
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]