面白画像 笑える人は大人です
検索
タグ
関連ブログ
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安編)
from 中国語奮闘記
無料でエロ動画 クリスタ..
from クリスタルミス 無料・無修正動画
リアディゾンが脱いだ!
from リアディゾンが脱いだ
米倉涼子セミヌードCMで..
from 米倉涼子セミヌードCMでポロ..
かぎ針編み情報リンク集
from かぎ針編み情報リンク集
エロ
from エロ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
赤ちゃんは水中でも
c0124744_23444888.jpg

ある家で火災発生。赤ん坊を抱いた母親が二階にとり残された。
「助けて!」
丁度、そこを通りがかったプロフットボールの選手。
「私の私の赤ちゃんをお願い」
と言われ了承。2階から放られた赤ちゃんを見事にキャッチ。
そのまま2ブロック走り、赤ん坊を思い切り道路に叩きつけた。
c0124744_23451885.jpg

生徒:「先生、なんで男の人には、おち○ちんが付いているんですか?」

教師:「...。おち○ちんは、かわいい赤ちゃんが生まれるために神様がくれた大切な宝物なのよ。」

生徒:「なるほど宝物かぁ。だから、うちのお母さんは毎晩入れて欲しがるのかぁ。」
c0124744_23453088.jpg

あるところに不思議な力をもった赤ちゃんがいました。
その赤ちゃんに名前を呼ばれた人は死んでしまうというのです。

ある日赤ちゃんが言いました。
「おねえちゃ~ん」
次の日おねえちゃんが死にました。
「お母さ~ん」
お母さんが死にました。
「お兄ちゃ~ん」
お兄ちゃんが死にました。

お父さんは、いづれ自分も呼ばれ、死んでしまうと恐れていました。
ついに赤ちゃんが言いました。
「お父さ~ん」

次の日、隣の家の旦那さんが死にました。

c0124744_23454556.jpg

3歳になるマイキーが隣の家から走って帰ってきた。
「ママー。小さい女の子も赤ちゃんうむの?」
母は答えた。「いいえ、マイキー。うまないわよ。」
それを聞くとマイキーはまた隣の家に走っていった。
「ジェニー。だいじょうぶだって!いまのあそびもういっかいやろう!」
c0124744_23462869.jpg

娘「ママ、赤ちゃんはどうやってできるの?」
母「コウノトリが運んでくるのよ」
娘「じゃあコウノトリはどうやってできるの?」
母「マンコにチンコをずっこんばっこんしてセックスするからよ」
c0124744_2347285.jpg

娘「ママ、赤ちゃんはどうやってできるの?」
母「コウノトリが運んでくるのよ」
娘「えー! ママ、コウノトリとやったの?」
c0124744_23472043.jpg

年取ったおばあさんが、病院で尿の検査をしていた。
尿取りコップをもらい、なんとか尿を取って、若い看護婦さんに三階の検査室まで持っていってくれるよう頼んだ。
ところが看護婦は、階段の途中でそのコップを落としてしまい、仕方なく自分の尿を取って渡した。
一週間後、尿検査の結果がわかった。
「おめでとうございます。赤ちゃんがお出来になりました!」
医者の言葉に、おばあさんはびっくりして言った。

「今の時代はキュウリさえ信用できないんだねぇ!」
c0124744_23474570.jpg

臨月に入った、ある奥さんが電車に乗った時の出来事。
上品な紳士に席を譲られ、お礼を言って座りました。
その紳士が下車する一瞬、紳士の着るスーツの襟に付いた、見覚えのある社章に気付きました。
「主人と同じ会社だ」
帰宅したご主人に事の顛末を話しました。
奥さんから聞いた背格好から推定し調べた結果、顔見知りの、別の課の課長さんである事が判りました。
課長さんは「ああ、君の奥さんだったのか。こんな事もあるんだねぇ」と言い、この偶然について驚いていたそうです。

3ヶ月後。
課長さんの自宅に、奥さんの名前で一通のハガキが届きました。赤ちゃんの写真が印刷され、その横にはこう書き添えられていました。
「その節は、ありがとうございました。この子は、あの時の子供です」

その日、課長さんの家は、大変な修羅場と化したそうです。

c0124744_2350539.jpg

ポーランドの動物園でパンダの赤ちゃんが生まれた。
飼育員二人が名前を決めようとしたが、赤ちゃんの性別が判らない。
「近くまで行って調べてくるか」
「いや、母親パンダが怒るぞ。近付くのは無理だ」
「じゃあ近付かずに檻の外から聞いてみるのはどうだろう」
「赤ちゃんパンダにか?あんなに小さいのに答えられるかよ。もう少し大きくなるまで待たなくては」
「ははは、バカだな。赤ちゃんパンダは無理でも母親パンダならどうだ?」
「なるほど!」
早速二人はパンダの檻に行くと、赤ちゃんを抱く母親パンダに呼びかけた。
「おーい、お前が産んだ赤ちゃんは雄か?雌か?」
「・・・」

パンダは不思議そうに見ているだけだった。
側でそんな二人を見ていた別の飼育員がため息をついた。
「あいつら・・・本当にバカだなあ」

翌日、彼は二人に中国語の辞書を貸してやった。
c0124744_23501719.jpg

ある中国人の夫婦に赤ちゃんが生まれました。
しかし、不運にも事故に逢ってしまい赤ちゃんだけが生き残りました。
その赤ちゃんを、あるポーランド人の夫婦が引き取ることになりました。
すぐにその夫婦はそろって中国語の教室に通い始めました。
赤ちゃんが大きくなって中国語をしゃべり始めても困らないように・・・。
c0124744_23502655.jpg

少し未来のおはなし。。。

2XXX年、医学はまさにめざましい発展を遂げていた。
ある薬を使うことでお産の苦しみを母親の代わりに
父親が代行することができるようになっていた。

ある夫婦がお産に当たって、この薬を使うべく医者のもとを訪れた。

医者「ほんとうにいいのですかね。。
お産の苦しみは男の人にはとうてい我慢できませんよ。
つい最近もこの薬を使って死んだ人も出たくらいですからね・・
最近厚生省でも、この薬について問題視する声が大きいのですよ。」

夫「先生、大丈夫です。ぼくは妻を愛しています。
その最愛の妻が僕の子供を産もうとしてくれているのです。
その愛に賭けても、そう夫として、父親として、ぼくは耐え抜いて見せます。
どうかこの薬を僕たちに・・・」

医者「そこまで、言われるのなら仕方ありませんな。
では、奥さんこのくすりを陣痛が始まったら飲んでください。
この薬の作用で赤ちゃんがお母さんに与える苦しみをお父さんにテレパシーで伝えます。するとお母さんの苦しみがお父さんに移って、
お母さんは無痛で分娩が出来るという仕組みです。」

一週間後、ついに陣痛の時は来て、妻はその薬を服用し病院へと向かった。

夫「先生、ついに陣痛です。はやく赤ちゃんを・・
なんだかぼくも気分が悪く
なってきました。さぁ、早く!」

医者「だ、大丈夫ですか?だんなさん、奥さんと一緒に正しく呼吸しましょう
ひ、ひ、ふー、ひ、ひ、ふー どうです具合は?」

夫「なんとか大丈夫です。この調子ならなんとか・・」

お産がもともと軽かったのか、夫もさほど苦しみもせず、
やがて玉のような赤ちゃんが無事産まれた。

夫「せんせい、ありがとうございます。これでぼくも夫として、
自分の役割が
果たせました。。」

医者「良かった、良かった。でもおどろきました。
あなたは本当によく頑張った。
普通ならとても堪えられない痛みなのに・・・こういうこともあるのですねぇ」

そうやって夫が喜びをかみしめているちょうど数分前、その夫婦の家の玄関先。
郵便配達夫がわけのわからない、
とんでもないこの世のものとも思われない突然の腹痛で、もがき苦しんで命を落とした。

無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]