面白画像 笑える人は大人です
検索
タグ
関連ブログ
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安編)
from 中国語奮闘記
無料でエロ動画 クリスタ..
from クリスタルミス 無料・無修正動画
リアディゾンが脱いだ!
from リアディゾンが脱いだ
米倉涼子セミヌードCMで..
from 米倉涼子セミヌードCMでポロ..
かぎ針編み情報リンク集
from かぎ針編み情報リンク集
エロ
from エロ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:お尻フェチ( 51 )
なかなか色っぽいでしょう
c0124744_4372861.jpg

(男と女)

男:どっかでお会いしましたかね。
女:ええ、家庭内暴力クリニックの受付で。

男:君に電話したいんだ。番号おしえて。
女:電話帳に載ってるわ。
男:でも、名前を知らない。
女:それも載ってる。

男:君のズボンに入りたいなー。
女:間に合ってるわ。もうお尻が入ってるもの。

男:なぜいままで出会わなかったんだろう。
女:あなた齢が倍だし。

男:固い事言うなよ、同じ目的でここに来たんじゃないか。
女:そ。目的は女の子。
c0124744_4374288.jpg

日米文化の違い  ある勤勉な日本人会社員がアメリカへ出張に行ったとき。
見るからにマッチョなアメリカの取引先の人と会食をしました。

そのとき「Do you like girls?」 と尋ねられたので、 サラリーマン氏は、とっさに 「NO,I don't like…」と答えてしまいました。 その帰り道、お尻の穴を奪われたそうです。


無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
花嫁のパンチラ
c0124744_610981.jpg

新婚の友人夫婦が尋ねてきて話題が子供のことになった。
花嫁は三人ほしいと言うが、花婿は二人で十分と言う。

二人は数分間このことで言い争ったが、やがて夫がこれで決定だと言い放った。
「二人目が産まれたあとで、ぼくはパイプカットするからな!」

すると花嫁は一瞬のためらいもなく応じた。
「いいわ。三人目も差別なく愛してちょうだいね」
c0124744_6102884.jpg

ある所に、結婚を目前に控えた女性がいた。しかし彼女は結婚式が上手く行くか、不安でたまらなかった。
あがってしまったらどうしよう‥、それでトチっちゃったらどうしよう‥。

そこで彼女は、お気に入りの聖書の一節を、ウェディングケーキに書いてもらうことを考え付いた。式であがっても、それを目にすれば落ち着きを取り戻せると思ったのだ。
彼女が選んだのは、

「愛には怖れがない。完全な愛は怖れを閉め出します」
(ヨハネの手紙一 4章18節)

という言葉だった。
彼女はその旨をケータリング会社に連絡し、希望するデコレーションを加えてもらった。

そして結婚の当日、式は滞りなく進んだ。そして招待客の拍手の中、大きなウェディングケーキが運ばれて来た。
花嫁がその前に歩み寄ると、ケーキにはこんな言葉が書かれていた。

「あなたには五人の夫がいたが、今連れ添っているのは夫ではない」
c0124744_6104913.jpg

童貞のジャックが結婚した。
初夜を迎えたが、何をどうすればいいのかわからない。
母親は心配になって、ホテルの二人の隣の部屋でじっと聞き耳を立てていた。
事を始める前にシャワーを浴びることにした。まずはジャックが先に。
その間に花嫁はもよおしてきたが、シャワールームにはジャックがいる。
仕方が無いので彼女は帽子の箱に大きい方をした。
ジャックがシャワールームから出てきて、今度は花嫁がシャワーを浴び始めた。
落ち着かなくて部屋をうろついたジャックは何だか臭いことに気付く。
あちこち探し回って見ると、なんと花嫁の帽子の箱に糞が入っているではないか。
思わずジャックは叫んでしまった。
「うわ!糞だ!ここは糞だらけだ!」
同じ頃、ジャックの母親も隣の部屋で叫んでいた。

「ジャック!そこじゃないよ!そこじゃないんだよ!」
c0124744_611133.jpg

息子が父に、
「ねえパパ、結婚するまで花嫁がどんな人かわからないって
いう国が東洋のどこかにあるって本当?」
「あのな坊主、そんなのどこの国だってそうだぞ」
c0124744_6112338.jpg

 結婚式のリハーサルの時、新郎が司祭のところにやってきて、変わったお願いをした。
「もし婚姻の誓いの文章を少し変えてもらえたら、100ドル払いますよ。この、『他の何を
 捨てても、永遠に彼女を愛し、誇り、尽くす』という部分を削ってもらいたいのですが」
 彼は司祭に100ドル札を握らせ、帰っていった。
 さて、結婚式当日、式は進み、いよいよ婚姻の誓いを交わす段になった。司祭は読み上げた。
「汝は彼女に伏し、彼女のあらゆる願いを聞き、毎朝ベッドまで彼女の朝食を運び
 生きている限り他の女性を見ないことを、神とこの愛らしい花嫁の前で誓いますか?」
 新郎は息を呑み、周りを見渡した。そして、小さな声で「はい」と答えた。
 式の後、新郎は司祭に詰め寄った。
「取引はどうしたんですか!?」
 司祭は100ドル札を新郎の手に返して言った。
「彼女の申し出の方が、だいぶ多かったのでね」
c0124744_795682.jpg


裁判所の判事だった男が、退職して教会の牧師になった。
最初の仕事は結婚の立ち会いだった。
「汝」牧師が新婦に言った。
「汝はこの男を夫として、富めるときも貧しきときも、病めるときも
健やかなるときも、終生変わらぬ愛を誓いますか」
「はい。誓います」花嫁が言った。
「そして汝」牧師が新郎のほうを向いて言った。
「被告はそれに対して何か言うことはあるか」
c0124744_7112651.jpg

結婚式でのこと、男の子が母親に尋ねた。
「ねえママ、どうして花嫁さんのドレスは白いの?」
「なぜってね、白は平和と幸福の色で、今日は花嫁さんにはいちばん幸せな日だからよ。」
男の子はしばらく考え込んでからまた言った。
「じゃあママ、どうして花婿は黒い服を着ているの?」
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
パンツが破けてる
c0124744_2533563.jpg

「ジェーン、お前は下着もつけずに外出する気か?」
「あらパパ、なんで私がパンツ履いてないって分かったの?」
「だって、スカートを履いてないだろう。」
c0124744_2534399.jpg

親父から「早く孫の顔が見たい」と言われたから
ズボンとパンツを脱ぎ
自分の息子をぶらぶらさせながら
裏声で「オジイチャン!」と言ったら殴られた

c0124744_2535136.jpg


女が銀行に来店し、頭取のオフィスにやって来る。女はツカツカとデスクに歩み寄って言う、「10,000ドルの賭をしたいんですけど」「あいにくですが」と頭取、「当行では賭事は受け付けておりません」「銀行と賭をするわけではありませんのよ」と彼女、「貴男と勝負したいんですの。明日の10時までに、貴男の金玉が四角になる方に賭けますわ」「アナタ頭がイカレておられるようですな」と頭取、「ですがよろしいでしょう、その賭に乗りましょう。明日10時にお越し下さい。10,000ドルをお忘れなく」

9時55分、背が高く堂々とした風体の紳士と一緒に女がやって来る。「こちら、どなたですか」と頭取。「私の弁護士です」と女、「証人として来て頂きました」「結構です」と言って頭取、笑いながらパンツを下ろす。女は手を差し伸べ、四角になったかどうか触って調べる。と、その途端、弁護士が卒倒、意識不明に陥る。「一体どうしたんですか!」と頭取。女が答える、「実は、彼と50,000ドルの賭をしてましたの。今朝の10時までに、どこかの銀行頭取の金玉を掴んでご覧にいれますってね」
c0124744_2535963.jpg

僕が海に行くことを知った友人が
アドバイスをしてくれた。
「海水パンツの中にナスを入れて
浜辺に行けばモテモテだよ」ってね。
彼はその方法で去年は大モテだったらしい。
それで僕は友人の言う通り
海パンにナスを入れて海に行ったんだけど
モテモテどころか、周りの人が嫌な目で
僕を避けるんですよ。
どうしてかな、と不思議に思って
この話を友人にすると彼はこう言ったんだ。
「ナスは後ろじゃなくて前に入れるんだよ」

無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
裸で働く人たち
c0124744_1130031.jpg

家臣「王様、大変です」

王様「いかがいたした」

家臣「メイド達が見えない服は着れないと申しております」

王様「ナニ、ちょこざいな! すっ裸で働くよう申し付けよ!」

家臣「ははー。(・・服代ムダじゃん)」

c0124744_1130934.jpg

家臣「王様、大変でございます」

王様「またオマエか、今度は何じゃ」

家臣「メイド達が下着はおろか、裸は絶対イヤだと申しております。ですが・・」

王様「ですが何じゃ」

家臣「もし給金が倍になれば、メイド服が見えるようになるかもしれないと・・」

王様「ナニを、ちょこざいな! えーい、かまわん、給金を倍にせよ!」

家臣「ははー。で、恐れながら、メイド達がさらに申しますには、もし給金が3倍になれば、見えない下着もはくとのことでございまして・・」

王様「うーむ、人の足下見よって、、ムフフ。構わん、3倍払ってあげなさい」

家臣「ははー」


その後、メイド服フェチの家臣が謀反を起こし王国崩壊。

c0124744_11301890.jpg

無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
お尻フェチ大集合 レザー
ある司祭が亡くなって、天国へ行くか地獄へ行くか言いわたされる列に並んでいた。
司祭の前に並んでいる男はサングラスに皮のジャケットそしてジーンズでいかにも悪そうな風貌であった。
その男は職業を聞かれると、ニューヨークのタクシー・ドライバーだと答えた。
そして男はシルクの服と金の装飾をつけて天国に行くように言い渡された。

司祭の番になり43年間教会で司祭をしていたと告げると、綿の服と木の装飾を着けて天国に行くように命じられた。
司祭はどうしてあのタクシードライバーにはシルクの服と金の装飾なのかと尋ねた。

「あなたが教会で教えを説いている間、人々は寝ていましたが、あのタクシードライバーが運転している間、人々は真剣に祈りを捧げていました」
c0124744_193722100.jpg

c0124744_19355641.jpg

c0124744_1936533.jpg

c0124744_19361825.jpg

c0124744_19362996.jpg

c0124744_19363868.jpg

c0124744_19365886.jpg

c0124744_1937710.jpg

c0124744_19373086.jpg

c0124744_19374188.jpg

c0124744_19401336.jpg

c0124744_19402364.jpg

c0124744_1940312.jpg

c0124744_19404580.jpg

c0124744_19405477.jpg

c0124744_19412434.jpg

c0124744_19413315.jpg

c0124744_19414286.jpg

c0124744_19415314.jpg

c0124744_1942393.jpg

c0124744_19421891.jpg

c0124744_19422872.jpg

c0124744_19423620.jpg

c0124744_19424475.jpg

c0124744_19425336.jpg

c0124744_19434680.jpg

c0124744_1943554.jpg

c0124744_1944324.jpg

c0124744_19441010.jpg

c0124744_19442030.jpg

c0124744_19443037.jpg

c0124744_1945718.jpg

c0124744_19451645.jpg

c0124744_19452484.jpg

c0124744_19453475.jpg

c0124744_19454446.jpg

c0124744_19461610.jpg

c0124744_19462336.jpg

c0124744_19463197.jpg

c0124744_19463810.jpg

c0124744_19464561.jpg

c0124744_19474342.jpg

c0124744_1947502.jpg

c0124744_19475836.jpg

c0124744_1948533.jpg

c0124744_19481539.jpg

c0124744_19494762.jpg

c0124744_19495576.jpg

c0124744_1950371.jpg

c0124744_19502327.jpg

c0124744_19503138.jpg

c0124744_19505618.jpg

c0124744_1951454.jpg

c0124744_19511246.jpg

c0124744_19511969.jpg

c0124744_19512758.jpg

c0124744_19525229.jpg

c0124744_195306.jpg

c0124744_1953691.jpg

c0124744_19531354.jpg

c0124744_19532110.jpg

c0124744_19533756.jpg

c0124744_19534592.jpg

c0124744_19535240.jpg

c0124744_19535950.jpg

c0124744_1954940.jpg

c0124744_19544536.jpg

c0124744_19545757.jpg

c0124744_19551229.jpg

c0124744_19551977.jpg

c0124744_19553514.jpg

c0124744_19555017.jpg

c0124744_19555831.jpg

c0124744_1956419.jpg

c0124744_19561056.jpg

c0124744_19561779.jpg

無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
街中で露出はどこまで許されるのか 13
c0124744_4293041.jpg

c0124744_4234610.jpg

 しこたま呑んだジャックとサムは、それでも呑み足りなかったが、
二人合わせて1ドルしかポケットに残っていなかった。通りを歩いていると、
ホットドックの屋台を見つけたジャックが言った。

「サム、その1ドルでホットドック買ってこいよ」
「ホットドックだと? 俺ぁもっと呑みてぇんだよ」
「いいから買って来いって。俺にいいアイディアがあるんだ」
 サムがジャックの言うとおりにホットドックを買って来ると、ジャックは説明した。
「いいか。俺がこのホットドックをズボンの中に仕込んでおくからよ、
これから二人であそこのバーに入ってウィスキーを注文してな、出てきたらぐいっとあおっちまうんだ」
「おう、それで?」
「で、バーテンの野郎が勘定払えって言ったらよ。俺がズボンのチャックを開けてホットドックをにゅっと
突き出すからさ、お前はひざまずいてホットドックをくわえるんだよ。フェラチオするみてぇにさ」

 二人は店に入り、ジャックの言う通りにウィスキーを注文して飲み干した。
「お客さん、ウィスキーの勘定頼むよ」
 バーテンが催促すると、ジャックはおもむろに立ち上がり、チャックを下ろしてホットドックを突きだした。
バーテンが驚いていると、サムはジャックの前にひざまずいてホットドックの先端をくわえた。
するとバーテンは顔を真っ赤にして怒鳴った。
「おい、俺の店で何てことやってんだ! 勘定はいらねぇから、とっとと出ていけ!」

 まんまとタダ酒にありついた二人は、同じ方法で何軒ものバーをハシゴして、
呑んではバーテンに追い出され、十分にタダ酒を堪能した。12軒目の店を追い出されたとき、
サムはジャックに言った。
「おいジャック、次の店から役目を変わってくれねぇか? 何度もひざまずいてるからさ、
もう膝が痛ぇんだよ」
 するとジャックは言った。
「膝が痛ぇくらい何だよ。そんなの我慢しろって。俺なんてよ、3軒目の店でホットドック落としちまったんだからな」

c0124744_424427.jpg

c0124744_4242178.jpg

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
お尻フェチな自然
c0124744_5313531.jpg

c0124744_5314573.jpg

c0124744_5315365.jpg

c0124744_532588.jpg

c0124744_5321525.jpg

c0124744_5322632.jpg

c0124744_5323475.jpg

c0124744_5324371.jpg

c0124744_5325321.jpg

c0124744_533357.jpg

c0124744_5331259.jpg


c0124744_5333843.jpg

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
触れないけど見れただけでも幸せ
c0124744_9204247.jpg

マリファナを吸った罪で二人の青年が判事の前に連行された。
判事は言った。
「君たちは初犯だし、悪気はないようだ。一回だけチャンスをあげよう。君たちの友人に麻薬がどんなにいけないものかを説得して吸わないようにしてほしい。その成果は、来週ここに来て報告してくれたまえ。」

つぎの週,裁判所にやってきた一人目の青年に判事は尋ねた。「どんな具合だったかね?」
「はい、私は17人を説得して麻薬をやめさせました。」
「ほう」判事はニッコリして言った。
「どう説得したのかね?」
青年は紙に大きな円と小さな円を書いて説明した。
「こっちの大きな円が普通の脳の大きさで、小さい方が麻薬をやった方の大きさだと言ったんです。」
判事は感心して褒めた。「なかなかうまいやり方だ」

しばらくしてやってきた二人目の青年に対し、判事は同じように尋ねた。「どんな具合だったかね?」
「はい、私は256人を説得して,麻薬を永遠にやめさせました。」
「256人も!」
判事はびっくりして言った。
「いったいどう説得したのかね?」
青年は紙に大きな円と小さな円を書いて説明した。
「こっちの小さな円が刑務所に入る前のケツの穴の大きさで、大きい方は・・・」
日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
何をされるのか
c0124744_912333.jpg

浩之『お尻にバイブ突っ込まれて喜んでいやがる!この牝犬めっ!!』
智子『ヒャン!!』
浩之『オレのモノを前に入れて欲しけりゃ股開いて”ワン”と鳴けッ!!』
智子『ワンッ!!』
浩之「という過程で作った割には、まともに育ったしなぁ~」
日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
パンティ穿いてるのかな
c0124744_9591516.jpg

c0124744_9593134.jpg

ミルトン・トウルーハートはロールスロイスを運転中、学校の昔なじみ、エッタ・アップルを見かける。
彼は車を止め、パワーウインドウを下ろして声をかける、
「ヤア、エッタ、元気かい」「まー!」とエッタ、
「あなたなの、ミルトン。 おまけにロールスロイスだなんて。そんな大金どうしたのよ」「僕、占い師やってるんだ」とミルトン。
「未来が見えるんだ」「アタシも占い習ってみたいわー」とエッタ。
「じゃ、乗りなよ」とミルトン、「いろいろ教えてあげるからさ」エッタは車に乗りミルトンの家へ・・・。

家に着くとミルトンが言う、「オーケー、占いが習いたいんだね。
じゃブラウス脱いで」「ブラウスを?」とエッタ。
「あなた、気は確かなの」「いいかい」とミルトン、「教わりたいんなら僕を信じてくれなくちゃ」そこでエッタはブラウスを脱ぐ。
「結構」とミルトン、「今度はスカートを脱いで」「スカートですって!」エッタが声を上げる、「一体どうなってんの」

「未来が見たくないのかい」とミルトン。
「見たかったら信じるんだ」エッタはスカートを脱ぐ。
「さて」とミルトン、「パンティーを脱いでソファーに寝てちょうだい」「エ~ッ!」と叫ぶエッタ。「なんでパンティー脱がなきゃなんないのよ。 
一体ナニしようっての。アタシをファックする気!」

「その調子だ」とミルトン、「君はなかなかスジがいい!」
c0124744_9594424.jpg

c0124744_9595966.jpg

青年:私の弟が「僕、オレンジになったみたい」っておかしなこと言うんです。
医者:そうですか。では、弟さんを連れてきてください。
青年:実は今日一緒に来てるんです。(ポケットからオレンジを出して)弟です。

男の子「ねぇ、木に登れたらキャンディーあげるよ」
女の子「ほんとに?それじゃ、登るね、よいしょっと。」
--その日の晩--
女の子「今日ね、木に登ってキャンディーもらったんだ。」
母親「まぁ、よしなさい。その子はただあなたのパンティーをみたいだけよ。」
--次の日--
男の子「今日木に登ったらチョコレート上げるよ」
女の子「いいよ。登るね、よいしょっと。」
--その日の晩--
女の子「今日ね、また木に登ってお菓子もらったんだ。」
母親「なんで、また同じことするのよ。彼はパンティーを見たいだけだって、昨日あれほど言ったでしょ!」
女の子「いいのいいの、心配しないで。今日はノーパンで登ったの。」
c0124744_1001054.jpg

c0124744_100224.jpg

ドラッグストアで、故障気味の量産型セリオが働いていた。
ある日、男性客がセリオに言った。
「すまないが、あの一番上の棚にあるワセリンを取ってくれないか」
セリオは脚立に昇り、頼まれた品物を取った。その間、男性
客はセリオのスカートの中を見てにやにやしていた。
次の日、同じ男性客が再びセリオに言った。
「あの一番上の棚にあるワセリンが欲しいんだが」
セリオはまた脚立に昇り、男性客はまたスカート
の中を見て楽しんだ。客が帰ると、見かねた同僚の女性がセリオに
忠告した。
「気を付けなさいよ、あの客はあんたのパンティが見たくて毎日
同じことさせてんのよ」
騙されていたことを知ったセリオは、それでも悔しがる事無く無表情で頷いた。
翌日、また同じ男性客が来て、セリオに一番上の棚にある商品を
取ってくれと頼んだ。セリオは脚立を取り出し、一番上まで昇って
から、男性客を振り返り言った。
「残念ですが今日は下着をはいていませんよ」
c0124744_1003683.jpg

c0124744_1004967.jpg

c0124744_101169.jpg

洗濯済みと要洗濯の衣類を混ぜてしまった妻が、選別のために一つ一つ臭いを嗅いで確認している。
「う!むぅおええ!」
と投げ捨てた衣類は、見ると妻自身のパンティーだった。
c0124744_101138.jpg

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]