面白画像 笑える人は大人です
検索
タグ
関連ブログ
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安編)
from 中国語奮闘記
無料でエロ動画 クリスタ..
from クリスタルミス 無料・無修正動画
リアディゾンが脱いだ!
from リアディゾンが脱いだ
米倉涼子セミヌードCMで..
from 米倉涼子セミヌードCMでポロ..
かぎ針編み情報リンク集
from かぎ針編み情報リンク集
エロ
from エロ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:動物 ( 26 ) タグの人気記事
アヒルと鶏
3人の女性が事故でなくなった。天国に行くと、
3人は門番から「天国には一つだけ規則があります。
それは、決してアヒルを踏んではいけません、というものです」

中に入ると いたる所にアヒルがいた。アヒルを踏まずに歩くことは至難の技だった。
細心の注意を払いながらも、
3人のうちの一人の女性がついうっかり一羽のアヒルを踏んでしまった。
すると門番が現れて、今までに見たこともない醜男を連れてやってきた。
門番はその男と女性を鎖に繋いで言った。

「アヒルを踏んだ罰です。この男と永遠に鎖に繋がれていなければなりません」

翌日、2番目の女性も、アヒルを踏んでしまった。すると門番が、
昨日の男にもました醜男を連れてやってきた。
最初の女性と同じ説明をして門番は女性と男を鎖に繋いだ。

3番目の女性は、これをつぶさに見ていたので、
醜い男と鎖につながれて永遠に過ごす羽目にならぬよう、
注意に注意を重ね足の運びには細心気をつけた。

彼女が何とかアヒルを踏まずに数ヶ月が過ぎたころのある日、
門番が今までに出会ったこともないハンサムな男を引き連れてやってきた。
男は背が高く、長い睫毛をした、筋骨逞しく、細身だった。
門番は何も言わずに二人を鎖に括りつけた。

女性は男に尋ねた。
「私が貴方と一緒に鎖につながれるなんて、何かいいことしたのかしら」
男が答えた。
「ぼくもあなたのことは存じ上げません。ただ、アヒルを踏んじゃいました」

c0124744_10252185.jpg

ポーランド人が鶏小屋に忍び込んだ
人気を察した飼い主が銃を構えて呼びかけた

「おい!そこに誰かいるのか?」
するとこんな返答が
「誰もいません旦那様。おらたち鶏だけです。」
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
c0124744_78190.jpg

バーに頭の上に蛙を乗せた男が入ってきた。
バーテンが尋ねた。
「どこで、そんなもんくっ付けて来なさったね?」
すると蛙が答えた。
「最初は俺の尻に出来たオデキみたいだったのさ」
c0124744_781024.jpg


c0124744_11065.jpg


c0124744_1102256.gif


メコン川を前に蛙とサソリが居ました。
サソリ 「なあ、俺を背中に乗せて向こう岸まで渡してくれないか」
蛙   「嫌だよ、だってお前刺すもの」
サソリ 「何言ってんだ、俺も一緒に溺れ死んじゃうもの、
      刺すわけないじゃないかあ」
蛙   「それもそうだな、じゃあいいよ」
しかし、河の途中でサソリはやっぱり蛙を刺し
両者ともに溺れ死んだのでした。
死ぬ間際、蛙はサソリに尋ねました。
蛙   「なあ、なんだってこんなことしたんだい?」
サソリ 「何言ってやがる、ここは東南アジアだぜえ」

c0124744_781879.jpg

A  :「先生?どうして魚の解剖はするのに蛙の解剖はしないんですか?」
先生 :「いやー、してもいいですが・・・、君達、次は家庭科の調理実習ですよ。」
c0124744_782595.jpg

病室で最後を見取るために家族全員がそろいました。
僕が「なにか最後に言いたいことない?」って聞いたら、じいちゃんが虫の息のように小さい声でこういいました。
「そそが観たい」と…(そそ)というのは女性のアソコの別名です。
僕は「じいちゃんスケベだったからな~」っと思いましたが、さすがに「えらいもん聞いてもうた」と思いました。
早速家族会議がその場ではじまり、皆口々に「どないしよ、どないしよ、看護婦さん?そら無理やわ」ってかんじで会議をしていたら、兄の妻が、「私でよければ…」と言ってくれたので、皆悩んだ末「お願いします」と頼んだ。
後で聞いたところ、昔兄の借金をじいちゃんが立て替えてくれたその恩返しだったらしい。
兄嫁は「失礼します」とベットの爺の顔の上にオシッコ座りをしました。
2~3秒過ぎて、俺が「じいちゃん満足か?」って聞いたら、「そそやない、外や」って…

c0124744_783466.jpg

レストランで
店員「おまたせいたしました。本日のスープでございます」
客「おい、スープの中に虫が入ってるぞ」
店員「大丈夫です。虫の飲む量はごくわずかです」
レストランで
店員「おまたせいたしました。本日のスープでございます」
客「なんだその持ち方は。親指が入ってるじゃないか」
店員「大丈夫です。やけどはしておりません」
c0124744_784586.jpg

甲虫類には約30万種いて、地球上で最多種を誇る生物である。

生物学者J・B・S・ホールデンは、ある宗教家から、
「神が創造物を通して伝達したいメッセージは何でしょうか」という質問を受けたときに、
「甲虫が大好きということではないでしょうか」と答えた。

c0124744_785472.jpg

沈黙に包まれた秋の夜にただ虫の声だけが静かに響いていた。賢治叔父さんが亡くなった後鶴来屋を継いだ千鶴さん、しかし経営はうまく行かず業績は悪化していった
途方にくれながらある日賢治の遺品を整理していたところ三通の手紙と一枚のメモが見つかった
メモには「もし鶴来屋の経営が悪化したら三つの手紙を順番にひとつずつ読むんだ」と書いてあった
千鶴は早速一通目の手紙を読んだ、手紙には『前任者を非難しろ』と書いてあった
千鶴さんは今日の鶴来屋の経営悪化は前任者の不審な死が原因でじきに良くなると大々的に発表した
これの発表のおかげで将来への期待から鶴来屋の経営は回復した
しかし、効果は一時的なものでしばらくするとまた経営は悪化してしまった
千鶴さんは二通目の手紙を読んだ、手紙には『リストラをしろ』と書かれていた
千鶴さんは早速役員・従業員共に大リストラを行った
不必要な人件費が削減されたおかげで鶴来屋の経営はまたも回復した
しかし、このリストラの効果も一時的で、しばらくするとまたまた経営は悪化した
とうとう千鶴さんは最後の手紙を読んだ
手紙には『三つの手紙と一枚のメモを用意しろ』と書かれてあった退陣した千鶴が手紙にしたためた言葉は、
「貧乳」
「年増」
「偽善者」
の三文字であった。
後任者が死にものぐるいで鶴来屋の再建をなし得たのはいうまでもない
c0124744_194693.jpg

無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
ボディペイント 蛇
c0124744_6544298.jpg

あるとき綾香がふとしたことから「自分は蛇を飲み込んだのではないか」
という偏執狂的な妄想を抱くようになった。
彼女を診察した医者はその話にあわせることが最も有効な治療だろうと
判断し、外科手術によって蛇を取り出す演技を行う事にした。
かくして手術は決行された。局所麻酔をかけ、綾香から見えないとこから
いかにも手術をしているように見せかける為に輸血用の血をこっそり腹の上に
ぶちまけながら、切り取った蛇の頭をこれまたいかにも腹から取り出したかのように
みごとな「蛇摘出手術」をおこなっていく。
そして手術は終わった。綾香に「これがあなたの腹の中にいた蛇ですよ」
と輸血用の血で血まみれの蛇の頭をいままさに取り出したのだとでもいうように
仰々しく見せた。麻酔と変質的妄想にかかっていた彼女はそれで自分の
腹の中から蛇を摘出する手術が成功したのだと重い、納得した。
ところが、それからしばらくして、彼女は再び変質的妄想にかかってしまった。
話を聞いた医者が綾香を訪ね、「綾香さん、あなたの腹の中にいた蛇は手術で
とりだしたじゃないですか?なにがそんなに心配なんです?」と聞いた。
綾香は真っ青な顔をして言った。「じつは・・・蛇がおなかの中で子供を
産んでいるような気がしてならないんです。」。医者「大丈夫です。あの蛇はオスです」
綾香「ああ・・・・・間違いなく、おなかの中に蛇の子供がいるわ!」
c0124744_6545524.jpg

神「アダム、イブ、どこにいる?」
アダム「主よ、ここに居ります」
神「なぜ隠れておるのだ」
アダム「・・・・主よ、なぜ私たちは裸なのですか」
神「おお、おまえたち。私が禁じていた知恵の実を食べたのだな!」
アダム・イブ「あの蛇にそそのかされたのです!主よ、どうかお慈悲を!」
神「ならん。残念だが、おまえ達は、ここを出て行かなければならない」
アダム「・・・・わかりました。それではせめて、
     最後に主のお姿を見せて下さい。いつも声だけでしたので」
神「だめだ」
アダム「なぜです?」
神「裸で人前に出るのは恥ずかしいからだ」
c0124744_655878.jpg

常に賢明な人間でありたいと思うなら、決して結婚はしてはならない。結婚というものは、ウナギをつかもうと思って、蛇の入っている袋に手を入れるようなものだ。結婚するくらいなら、まだ痛風にでもかかったほうがマシだ。byメレジコフスキー
c0124744_6551918.jpg

無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
by uemura4 | 2007-11-20 07:00
ボディペイント 虎虎虎虎
c0124744_19553154.jpg

c0124744_19554842.jpg

あるパーティーで、アメリカ人が自分の冒険話を皆にしていた。
彼に言わせれば、エベレスト登頂なんて
ピクニックに行くようなものだ、と言った
ふうで、自分にこの世に出来ない事なぞないといった調子だった。
ついに彼は、アフリカで虎狩をした時の話を始めた。
それまで黙って聞いていたイギリス紳士が、言った。
「きみ、アフリカには虎はいないよ」
アメリカ人は、大きく頷いて答えた。
「そりゃそうさ、アフリカの虎はわしが一匹残らず狩っちまったからね」
c0124744_19555960.jpg

c0124744_1956992.jpg

ナポレオンは1815年、流刑先のエルバ島を脱出しマルセイユ付近で上陸、パリに向かって再び天下をとった。
その期間のナポレオンの動向を伝える官製新聞「ル・モニトゥール」の見出し。
「凶悪な食人鬼、巣窟より脱出」
「コルシカの鬼、ジュアン湾に上陸」
「怪物、ジァップに到着」
「虎、グルノーブルで一泊」
「簒奪者、リヨンを通過」
「暴君、首都に60里に迫る」
「皇帝、フォンテーヌブローに」
「皇帝陛下、昨日チュイルリ宮にご帰還。臣民、歓呼で迎える」
c0124744_19561923.jpg

c0124744_19563120.jpg

ある日 動物園の虎のオリの前で三人の少年が警備員に捕まった。
お前達名前とここで何をしていたのか答えろ!
一人目「僕の名前はウィリアム。あだ名はビル。僕は虎にピーナッツをぶつけていただけだよ」
二人目「僕の名前はリチャード。あだ名はリッキー。僕もビルと一緒に虎にピーナッツをぶつけてた」
三人目「僕の名前はピーター。あだ名はピーナッツ・・・・
c0124744_1956451.jpg

c0124744_19565550.jpg

太郎「虎が回るとバターになるってさ、すげぇイマジネーションじゃねぇ?」
次郎「チビクロサンボだね。人権保護団体が騒いだやつ」
太郎「じゃあ、チビクロサンボが回るとどうなるんだろう」
次郎「発禁になるに決まってるだろう」
c0124744_1957792.jpg

数年前、父と姉と私で食事をしたとき、私がある笑い話をしました。

昔、とても恐妻家な武将がいました。
彼はある日新しい部隊を作る為に人を集めました。
虎を素手で殺す者など、次々と猛者達が集ってきて
武将は誰をその部隊の隊長にするべきか悩んだ末に
「自分の女房が怖いと思う者はこちらの旗、怖くないという者はこちらの旗の下に集まれ」と言いました。
すると、虎を素手で殺した者をはじめ、みんな女房が怖いという旗の所に集まってしまいました。
武将ががっかりしていると、一人だけ怖くないという旗の所に立っている者がいます。
武将は喜んでその男を隊長にしようと思い、宴の席で尋ねました。
「お前はどうしてあの旗の所にいたのだ?」
武将の望んだ答えは『私は妻など怖くない。よってこの世に怖いものなど何もない』
すると男は恥ずかしそうにこう答えました。
「実は将軍様の声がよく聞こえなかったので……どうしたらよいか分からないときは、
皆と一緒に行動せずに様子を見ろと妻にきつく言われてまして……」

私「虎を素手で殺せる人が奥さんが怖いなんて可笑しいね」
すると父曰く、
「虎はたまにしか会わないけど、奥さんは家に帰れば毎日居る
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
ボディペイント 馬
c0124744_73177.jpg

競馬を止めるいい方法があるんだってね。

ああ、効果は百発百中だ。

どんなんだい。

牧場に行ってな、馬に蹴られるんだ。
c0124744_731099.jpg

あるポーランド人が、馬糞を両手に抱え、満面の笑みでやってきた。

「あぶねぇあぶねぇ、こいつを踏んづけちまうところだったぜ!」
c0124744_731920.jpg

メキシコ人とベネゼラ人が、とあるバーで飲んでいた。

メキシコ人「俺の女房がどうやら浮気をしているらしい」
ベネゼラ人「浮気相手はどんな奴か知ってるのか?」

メキシコ人「多分、鳥のような奴だ。」
ベネゼラ人「なぜ鳥のような奴と分かったんだい?」

メキシコ人「浮気相手と女房は激しいセックスをしたため、浮気相手の体から沢山の羽が落ちたようだ。その証拠に浮気相手と女房が使ったベッドに下に沢山の羽が落ちていた。」

ベネゼラ人「ばかだなぁ、それは枕の羽だよ!」

数日後、バーでメキシコ人が飲んでいると、

ベネゼラ人「聞いてくれ!どうやら俺の女房が浮気しているようなんだ。」

メキシコ人「相手はどんな奴だ?」

ベネゼラ人「多分馬のような奴だ。」
メキシコ人「なぜ馬のような奴と分かったんだ?」

ベネゼラ人「浮気相手と女房は激しいセックスをしたため、浮気相手の体からジョッキー(騎手)が落ちたようだ。その証拠にベッドの下にジョッキーが落ちていた。」

メキシコ人「お前は馬のような奴に女房を取られるとは、哀れな奴だな。。」
c0124744_7327100.jpg

あるポーランド人が、2頭の馬を購入した。だが、2頭の見分けがつかない。そこで、隣に住む農夫にどうしたらいいのか尋ねた。農夫は、どちらか一頭のしっぽを切ってしまえばいいと言った。

彼はそうした。しかしまもなく、もう一頭の馬のしっぽが茂みにからまり、ちぎれてしまった。

こうして、また見分けがつかなくなってしまった。

彼は、再び隣の農夫にアドバイスを求めた。農夫は、どちらか一頭の片耳を切ってしまえばいいと言った。

彼はそうした。しかしまもなく、もう一頭の馬が、柵の鉄線で片耳を切ってしまった。

彼はいまだに2頭を混同してしまう。

彼は、また隣の農夫にどうしたらいいのか尋ねた。農夫は、大きさを測ってみればいいと言った。

彼は戻ってきてご報告。「白い馬は、黒い馬より2インチ高い!」

無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
ボディペイント 犬
c0124744_4481450.jpg

お母さんに拾ってきた犬を捨てて来いと言われた。
イヤだといったら、おじいちゃんが捨ててくるといった。
その後、犬は家に戻ってきた。
お母さんも諦めて、飼ってもいいと言ってくれた。
おじいちゃんはまだ戻ってこない
c0124744_4482872.jpg

ある夫妻の話し…

ジョンの奥さんのスザンナがある日、犬を二匹買ってきた。

スザンナは二匹の犬にジャックとメアリーという名をつけた。

どうしてそんな名前をつけたんだい?とジョンが聞くと…

ジャックは死んだおじいちゃんの名前、メアリーは死んだおばあちゃんの名前なの、と答えた。

次の日、ジョンは犬を買ってきた。
名前はスザンナ…
c0124744_4484299.jpg

ある男が犬を売った。
新しい飼い主「この犬は小さい子供が好きですか?」
もとの飼い主「とても好きですよ。でも、ドックフードの方が安上がりですよ」
c0124744_4485963.jpg

米国人カップルが動物園の係員に尋ねた。

「日本で、アメリカの犬が生息している場所を教えてください」

係員は少し考えて、首相官邸の住所を教えた。
c0124744_449969.jpg

 犬は捨てても家に帰ってこれるという。
 でも、それにも限度があると思われる。どれだけ離れた所に捨てれば帰って来れなくなるだろうか?

「10kmも離れた所に捨てればいいんじゃない?」
「いや、1kmも離せば充分だよ」
「垂直距離なら10mも離れたところで捨てれば帰って来れないよ」
「垂直距離が認められるなら、マイナス50cmで充分だよ」
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
ボディペイント 蝶柄
c0124744_411327.jpg

女「な・・なにそれ??普通よりチョット黒くて大きいよ!!!??」
男「あぁ、そうかもね^^」
女「それをどうするのよ!?」
男「分かってるだろ?早く開けよ・・もっとこっち来な、怖くないから」
女「いやゃぁぁ!!!何するのよ、最低!!!」
男「どうした?そんなに嫌か?」
女「嫌よ、ピクピク動いてるしぃ~~~!!」
男「大丈夫だよ・・・いいからさ・・・」
女「嫌よ、ぜぇったいイ・ヤ!!」

男「なんだよ、コオロギって可愛いんだぜホレホレ」

昆虫苦手な女の手を開き、コオロギを乗せようとする男
c0124744_4114558.jpg

さっきコンビに行ったら、ガキが安いお菓子をポケットに入れて店を出て行った。
俺もそのまま追いかける形で店出たら、そのガキが5~6軒先の本屋の前で立ち止まって、
店の外で回転するラックんとこで昆虫図鑑みたいの見始めたんで声をかけたのよ。
「さっきの店から持って来たモン、俺が謝って返しといてやるから。もうやるな」って。
そのガキ、しばらく唇噛みながら俺をじっと見つめてたんだが、だんだん目に涙が浮かんで来て
「ごめんなさい」って言いながらポケットから菓子出して俺に渡した。
色々有ると思うけど、男はどんな時でも間違った事だけはしちゃいけねえよみたいな事を軽く説教してやった。
ガキはずっと黙ってたが、俺がじゃあなって行こうとしたら、後ろから袖を引っ張って、
俺の目を真っ直ぐ見つめながら「もう絶対しない・・・男だから」って強い口調で言った。
俺、その菓子食いながら家に帰った。
c0124744_4115696.jpg

ある所に息子夫婦と舅(しゅうと)が三人で住んでいた。
一年前に他界した姑女(しゅうとめ)は、とても温和で上品な人、嫁にも優しい人であった。
が、舅の方はそれと反対に、頑固で少々意地の悪いところがあった。
かいがいしく世話をする嫁の行動に、いちいち文句をつけるのだ。
中でも味噌汁については

舅:「婆さんとは全然味が違う、なっとらん!本当に覚えが悪い嫁だ!」

と毎日嫁を怒鳴りつける始末。
ある日、とうとう頭に来た嫁は舅に出す味噌汁の椀に、こっそりと殺虫剤を振りかけた。
その味噌汁を一口すすった姑が一言。

舅:「これじゃよ!この味じゃよ!!婆さんの味噌汁は!!」
c0124744_412941.jpg

初夜の鐘

ミケノビッチは,新婚旅行先のフランスで新妻と初めての夜を迎えることとなった。せっかくのヨーロッパなので,夜の営みに中世風の興を添えるべく,新妻は時刻を告げる鐘がなる度に愛を交わし合ってはと,はにかみながらも夫に提案したのである。
ニンマリと笑って応じた花婿であったが,四度目の時鐘が鳴った後,ちょっと煙草を買ってくるとホテルを出て,よろめく足取りで時計台の番人のところに向かったのであった。
「すみませんが」ミケノビッチは息も絶え絶えに言った。「その鐘を1時間ごとじゃなく,2時間ごとに鳴らしてくれませんか」
時計台の番人は,口ひげをひねりながら応えた。「ムッシュー。それは出来かねますな」
「もちろんチップなら,たっぷりとはずませてもらいますよ」
「気の毒じゃが」老人は答えた。「夕方,若い奥さんがやってきて,鐘を30分ごとに鳴らしてくれと,たっぷりと心付けをもらいましたのでな」


無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
日本人はジョークが理解できないとき
c0124744_21205861.jpg

日本人はジョークが理解できないとき
・何処が面白いのか考えてみる
・たどり着いた答えが正しいかどうかを他人に聞いて確かめてみる
・ジョークの笑いどころを理解してからやっと笑う

イギリス人
・苦笑する
・妻にそのジョークを話し苦笑する
・家に帰る頃意味を理解してニヤリとする

アメリカ人
・とりあえず笑う
・翌日同じジョークを聞いても笑う
・一週間後同じジョークを聞いてやっと理解して大爆笑する

ポーランド人
・何処が面白いのか考えてみる
・たどり着いた答えが正しいかどうかを他人に聞いて確かめてみる
・聞いた相手もポーランド人なので一生理解できない
c0124744_21212725.jpg

[PR]
by uemura4 | 2007-07-01 21:22 | 動物
その犬、ちょっと貸してもらえませんか?
c0124744_2182625.jpg


ある男が通りで奇妙な行列を見かけた。
先頭を歩くのは沈鬱な表情をした一人の男性、その後ろに一匹の犬と二つの棺桶が続き、さらに棺桶の後には200人ほどの男たちがぞろぞろと列を成して進んでいる。

興味を持った男は先頭の男性に尋ねた。
「その棺桶に入っているのは誰ですか?」
「妻です。私の犬が噛み殺したんです」
沈鬱な表情の男性は答えた。
「では、二つ目の棺桶は?」
「義理の母です。私の犬が噛み殺したんです」

その犬、ちょっと貸してもらえませんか?
「列の後ろに並んでくれ」
c0124744_2117029.jpg

[PR]
指揮官
c0124744_3463179.jpg


国境の前哨部隊にいる兵士が、ある日、指揮官に週末に外出許可証を
いただきたいと申し出た。 もちろん、指揮官はいくつも理由を挙げて
拒否した。 とりわけ、その兵士が規律も意欲もないという点が問題で
あった。

兵士は尋ねた。
「もしもほんとうに優れて勇敢な好意をした場合は
 許可証について考え直していただけるでしょうか?」

もちろんだ、上官は答えた。もしそれが本当に立派な行為であれば、だ。

翌朝の日の出に、この兵士は敵の戦車にロシアの旗をひらめかせて
キャンプに戻って来た。 敵の戦車を一人で捕獲してきたのは実に素晴
らしい事である。 そこで、週末の外出許可証が与えられた。

翌週、その兵士は夜出かけて行って、次の朝敵の戦車にロシアの旗を
ひらめかせ、捕獲した敵の野戦砲を引いて戻って来た。 これはさらに
優れた軍功である。 もちろん、週末の外出許可証が与えられた。

これが何ヵ月も続き、兵士は敵の兵器を捕獲する能力のおかげで何度
も表彰され、二回昇進した。

しかし、それでも指揮官は疑いを捨て切れなかった。ある日兵士に、
いったいどうやっているのかを話してくれさえしたら、ウオッカを
一箱買い、沈黙を守ると約束した。

兵士は話した。
「ええと、こっちの戦車に乗って、一晩中走って敵の戦車を探します。
 それから、中にいる奴に
 『おい、週末の外出許可証がほしくないか?』と聞きます
[PR]