面白画像 笑える人は大人です
検索
タグ
関連ブログ
最新のトラックバック
6回目の中国旅行記(西安編)
from 中国語奮闘記
無料でエロ動画 クリスタ..
from クリスタルミス 無料・無修正動画
リアディゾンが脱いだ!
from リアディゾンが脱いだ
米倉涼子セミヌードCMで..
from 米倉涼子セミヌードCMでポロ..
かぎ針編み情報リンク集
from かぎ針編み情報リンク集
エロ
from エロ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:艶っぽい ( 167 ) タグの人気記事
ビーナス
c0124744_13251936.jpg

西部開拓華やかなりし頃のお話。
若いカウボーイがインディアンの集まるバーで女を物色していた。
そこに若いグラマーなインディアンの美女が一人で現れた。
カウボーイにはインディアンの言葉は話せなかったが、
街から持ってきたプレゼントと、気の利いたカクテルと、
情熱的な身振り手振りで美女を口説き落とし
自分の宿に連れ込んで猛然と挑みかかった。
カウボーイが激しく突き上げるたび、女は
「ワフー」「ワフー」と大声をあげた。
カウボーイには「ワフー」の意味がわからなかったが、
感じているのだろうと思い一晩中ハッスルし、深い眠りに落ちた。

 次の晩もカウボーイは同じバーに出かけ、
インディアンの男たちがビリヤードを楽しんでいるのを
ぼんやり眺めながら女を待っていた。
そのうち、一人のインディアンが難しい3クッションショットを決め、
的玉を見事にサイドポケットにねじ込んだ。
その時それを見ていた別のインディアンが
声高らかに「ワフー!」と叫んだ。
カウボーイは興味がおさえられなくなり、彼らに話し掛けた。
「君たちの言葉で、ワフーってのはどういう意味なんだい?」
英語のわかるインディアンが、カウボーイの質問に答えてこう言った。
「オラ達の言葉でワフーってのは・・・・・・穴が違う、って意味だよ」

c0124744_13253984.jpg

ニューヨークの若い美女が車でテキサスの砂漠の一本道を走っていた。
そのうちガス欠になってしまい困り果てているところへ、若いたくましいインディアンが
馬にまたがって現れ「お嬢さん、町まで乗せてゆこうか?」と声を掛けた。
彼女は乗せてもらうことにした。走り出してすぐ男は「おおっ!」と叫び始め、
数分おきに叫ぶ声があたりの山にこだましていた。
町につくと男はガソリンスタンドで彼女を下ろし、彼女にウィンクして「イヤッホウゥ~」と叫び走り去った。
スタンドのオヤジがニヤニヤしながら彼女に聞いた。
「野郎えらく興奮してやがったが、あんたヤツに何かしてやったのかい?」
「いいえ。私は彼の後ろに座って、腕を彼の腰に回して、落ちないように鞍の先っぽを握っていただけよ」
オヤジはいっそうニヤニヤして言った。
「お嬢さん、インディアンは馬に乗るとき鞍は置かないんだよ」
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
by uemura4 | 2008-03-12 13:27 | アート
綺麗な写真
c0124744_554374.jpg

綺麗な写真は消さないよね

映画のプロモーションにもいろいろあるようで、昨日の「続・三丁目の夕日」の吉岡秀隆さんと先日の沢尻さんとの好対照が面白い。で、その違いとは、、、

沢尻            吉岡
体  不動         よく動く
腰  高い         低い
腕  組みっぱなし     よく動く
口角 下がりぎみ      上がりぎみ
目  座りぎみ       よく動く
目尻 上がり気味      下がりぎみ
表情 とぼしい       豊か
言葉 最小限        最大限
映画売り込み ナシ     最大限
笑顔 ナシ         最大限
アッコの突っ込み アリ   ナシ

人気 下がりぎみ      超安定
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
目も方向を変えるとちょっとエッチ
c0124744_3552954.jpg

スピード違反を取り締まっていた巡査は、やたら速度の遅いクルマを発見し、かえって危険なため停止させた。

中には80歳くらいの婆さんが5人。運転していた老婆以外は、みな目を見開き、真っ青な顔色をしていた。運転席の老婆は、不思議そうに尋ねた。

「お巡りさん、あたしはいつも標識どおりの速度で走ってますよ。今だって標識どおりの17Kmで走ってたんですから」

「お婆さん、あの標識の"17"というのは国道17号線という意味ですよ」

「あれま、そうでしたか。それは失礼しました」

巡査は老婆に運転に気を付けるように言ってから、一つ気になっていることを訊いた。

「なぜほかの4人の方々はさっきから一言も喋らないのですか? 何だか全員死にそうに見えますが」

「さっきまで、みんなで楽しくお喋りしてたんですけどね。246号線に入るまでは...」
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
なかなか色っぽいでしょう
c0124744_4372861.jpg

(男と女)

男:どっかでお会いしましたかね。
女:ええ、家庭内暴力クリニックの受付で。

男:君に電話したいんだ。番号おしえて。
女:電話帳に載ってるわ。
男:でも、名前を知らない。
女:それも載ってる。

男:君のズボンに入りたいなー。
女:間に合ってるわ。もうお尻が入ってるもの。

男:なぜいままで出会わなかったんだろう。
女:あなた齢が倍だし。

男:固い事言うなよ、同じ目的でここに来たんじゃないか。
女:そ。目的は女の子。
c0124744_4374288.jpg

日米文化の違い  ある勤勉な日本人会社員がアメリカへ出張に行ったとき。
見るからにマッチョなアメリカの取引先の人と会食をしました。

そのとき「Do you like girls?」 と尋ねられたので、 サラリーマン氏は、とっさに 「NO,I don't like…」と答えてしまいました。 その帰り道、お尻の穴を奪われたそうです。


無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
秋葉オタクは盗撮ばかり
c0124744_11521181.jpg

人の欲望を察知する能力を持った悪魔が人間を堕落させようと徘徊していた。
「最高の富を得たいと思いませんか?」
 そうささやきかけられた男は株に手を出して破滅した。
「最高の権力を得たいとは思いませんか?」
 そうささやきかけられた男は汚職が露見して破滅した。
「おやこれは…」
 成果に満足してくつろいでいた悪魔はこれまでにもましてどす黒い欲望を察知し、
喜びいさんである男の傍らに近寄った。
「最高の美女を手に入れたいと思いませんか?」
 男は首を傾げて不思議そうに問い返した。
「何を言ってるんだ、あんたは? 現実の女なんて面倒なだけじゃないか」
 絶句した悪魔を置き去りに葉鍵っ子は秋葉原の雑踏の中へと消えていった。「楽天家な男」
c0124744_11522662.jpg

CLANNADが発売された翌日、私はヲタ友達とともに秋葉原に出かけた。
まだ春だというのに人々は半そでを着ている。
人々の表情は希望と活気に満ち、額から流れるヲタの汗が太陽光を反射していた。

「もう渚たんのキャラデだけでハァハァする時代は終わったのだな」

c0124744_11525090.jpg

c0124744_115352.jpg

c0124744_11532937.jpg

「なんで秋葉原にはヲタが多くて、霞ヶ関には官僚が多いか知ってるか?」
「ああ、どちらかを選ぶ時に霞ヶ関のほうに選ぶ権利があったんだろ」

c0124744_11534979.jpg

c0124744_11541010.jpg

それでは、恐怖の出来事を皆さんにお話しすることにしましょう………。
時は日曜日、時間は昼間。
例によって秋葉原は、歩行者天国となった道路じゅうに、買い物に訪れた
オタクとかオタクとかオタクとかでごった返しているという状況…。
そんな感じで、その日の秋葉原はいつもと何ら変わらない休日を迎えておりました。
……そしてそんないつもと変わらないその日の秋葉原には、
道を歩いてゆくとある一人の男性の姿があったそうです。
歳はだいたい二十歳前後。高校生か大学生と言った感じの人物です。
まあ秋葉原においては、特に珍しくもない風貌と言えるでしょう。
………ただ一つ特徴的だったのは、
その男性の後ろに、だいたい中学生ぐらいの一人の少女が、
ちょうど前を歩いているその男性の後ろをついていくという感じで歩いたそうです。
「この二人は兄妹という感じだった」
この事件を目撃した人物は、この二人に対してそのような印象をいだいたそうです。
そして………
そして、この後、ここで恐怖の事件が起こったのです………。
この時、まさかあんな悲惨な事件が起こるなんて、想像できたものはいなかったことでしょう………。
……そんなわけで、道を歩いてゆく男性と、その後ろを追いかけてゆく少女。
やはり歩くスピードには差があるらしく、二人の差は少しずつ開いておりました。
そして、ある程度差が開いたとき、ついに少女は前を歩く男性に向かって呼びかけました。
「待ってよ~、お兄ちゃ~ん」
……そしてその声に、前を歩くその兄らしき男性が振り返りました。
まあ、別にそれは何も問題ありません。当然の行動と言えるでしょう。
しかし………
しかし、その直後、恐ろしいことが起こりました………。
なんとその呼び声と同時に、
二人とは全く関係のない、近くを歩いていた多数の男たちが、
いっせいに少女の方へ振り返ったのです!!

無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
ちょこっと触ってみようかな....あんたも好きね
c0124744_20554850.jpg

医者が男に言った

「いいニュースと悪いニュースがあります」
「なんてこった。いいニュースから教えて下さい」
「貴方のペニスは10cm大きくなるでしょう」
「これは嬉しい。で、悪いニュースは?」
「悪性なんだよ」
c0124744_20555887.gif

老人が若い男と、どちらが男らしいか賭けをした。
老人は飲みっぷりでも、食いっぷりでも、若者を凌いだ。
最後に売春宿へ行き
乳房や尻を見せつける女達の前で、老人はペニスを結んで見せ、若者に同じようにやってみろ、と言った。

c0124744_20561239.jpg

「世界で一番大きいペニスを持っているのはフランス人。
 そして一番硬いペニスを持っているのは日本人なんですって」
「じゃあ、フランス人と日本人が交配したら、どんなペニスになるんだろうね」
「ばかね。男同士で子作りなんかできないわよ」

無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
バレンタインにはこんなのプレゼントして
c0124744_1033394.jpg

男A:「今年、社内で誰が一番バレンタインチョコを貰ったか知ってるか?」
男B:「女性社員に人気のある営業の木村君だろ?」
男A:「それが、うちの部長なんだ」
男B:「社内一嫌われ者の部長がなぜ??」
男A:「糖尿病だからだよ」



無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
花嫁のパンチラ
c0124744_610981.jpg

新婚の友人夫婦が尋ねてきて話題が子供のことになった。
花嫁は三人ほしいと言うが、花婿は二人で十分と言う。

二人は数分間このことで言い争ったが、やがて夫がこれで決定だと言い放った。
「二人目が産まれたあとで、ぼくはパイプカットするからな!」

すると花嫁は一瞬のためらいもなく応じた。
「いいわ。三人目も差別なく愛してちょうだいね」
c0124744_6102884.jpg

ある所に、結婚を目前に控えた女性がいた。しかし彼女は結婚式が上手く行くか、不安でたまらなかった。
あがってしまったらどうしよう‥、それでトチっちゃったらどうしよう‥。

そこで彼女は、お気に入りの聖書の一節を、ウェディングケーキに書いてもらうことを考え付いた。式であがっても、それを目にすれば落ち着きを取り戻せると思ったのだ。
彼女が選んだのは、

「愛には怖れがない。完全な愛は怖れを閉め出します」
(ヨハネの手紙一 4章18節)

という言葉だった。
彼女はその旨をケータリング会社に連絡し、希望するデコレーションを加えてもらった。

そして結婚の当日、式は滞りなく進んだ。そして招待客の拍手の中、大きなウェディングケーキが運ばれて来た。
花嫁がその前に歩み寄ると、ケーキにはこんな言葉が書かれていた。

「あなたには五人の夫がいたが、今連れ添っているのは夫ではない」
c0124744_6104913.jpg

童貞のジャックが結婚した。
初夜を迎えたが、何をどうすればいいのかわからない。
母親は心配になって、ホテルの二人の隣の部屋でじっと聞き耳を立てていた。
事を始める前にシャワーを浴びることにした。まずはジャックが先に。
その間に花嫁はもよおしてきたが、シャワールームにはジャックがいる。
仕方が無いので彼女は帽子の箱に大きい方をした。
ジャックがシャワールームから出てきて、今度は花嫁がシャワーを浴び始めた。
落ち着かなくて部屋をうろついたジャックは何だか臭いことに気付く。
あちこち探し回って見ると、なんと花嫁の帽子の箱に糞が入っているではないか。
思わずジャックは叫んでしまった。
「うわ!糞だ!ここは糞だらけだ!」
同じ頃、ジャックの母親も隣の部屋で叫んでいた。

「ジャック!そこじゃないよ!そこじゃないんだよ!」
c0124744_611133.jpg

息子が父に、
「ねえパパ、結婚するまで花嫁がどんな人かわからないって
いう国が東洋のどこかにあるって本当?」
「あのな坊主、そんなのどこの国だってそうだぞ」
c0124744_6112338.jpg

 結婚式のリハーサルの時、新郎が司祭のところにやってきて、変わったお願いをした。
「もし婚姻の誓いの文章を少し変えてもらえたら、100ドル払いますよ。この、『他の何を
 捨てても、永遠に彼女を愛し、誇り、尽くす』という部分を削ってもらいたいのですが」
 彼は司祭に100ドル札を握らせ、帰っていった。
 さて、結婚式当日、式は進み、いよいよ婚姻の誓いを交わす段になった。司祭は読み上げた。
「汝は彼女に伏し、彼女のあらゆる願いを聞き、毎朝ベッドまで彼女の朝食を運び
 生きている限り他の女性を見ないことを、神とこの愛らしい花嫁の前で誓いますか?」
 新郎は息を呑み、周りを見渡した。そして、小さな声で「はい」と答えた。
 式の後、新郎は司祭に詰め寄った。
「取引はどうしたんですか!?」
 司祭は100ドル札を新郎の手に返して言った。
「彼女の申し出の方が、だいぶ多かったのでね」
c0124744_795682.jpg


裁判所の判事だった男が、退職して教会の牧師になった。
最初の仕事は結婚の立ち会いだった。
「汝」牧師が新婦に言った。
「汝はこの男を夫として、富めるときも貧しきときも、病めるときも
健やかなるときも、終生変わらぬ愛を誓いますか」
「はい。誓います」花嫁が言った。
「そして汝」牧師が新郎のほうを向いて言った。
「被告はそれに対して何か言うことはあるか」
c0124744_7112651.jpg

結婚式でのこと、男の子が母親に尋ねた。
「ねえママ、どうして花嫁さんのドレスは白いの?」
「なぜってね、白は平和と幸福の色で、今日は花嫁さんにはいちばん幸せな日だからよ。」
男の子はしばらく考え込んでからまた言った。
「じゃあママ、どうして花婿は黒い服を着ているの?」
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
もうひとつのちょい悪

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
綺麗なヌード
c0124744_16504039.jpg

画像をクリック

「全裸の男と少女」

その昔、ある浜辺で素っ裸で日光浴を楽しんでいる男がいた。
すると、前から小さな女の子が歩いてきたので、彼は、読んでいた新聞で彼の大事な部分を覆ってしまった。
女の子は、新聞一枚の彼に不思議そうに尋ねた。
「ねえ、ミスター,その新聞の下には一体、何があるのかしら?」
返答に困った男は、ひとまず無難に答えた。
「ん~、鳥さんだよ。」
「ふーん。」
女の子が彼の前を立ち去るのを見て、彼は安心して深い眠りについた。
しばらく経って、彼は信じられない苦痛によって目が覚めた。男はどういう訳だか病院のベッドに寝かされていた。
目覚めた男に対して、傍らの警官が彼に尋ねた。
「どうしてこんな事になってしまったんですか?」
「どうしたもこうしたもあるもんか。向こうの浜辺で、女の子の質問に答えて眠ったらこの始末だ。女の子に聞いてみてくれ!」
男の訴えを聞いて早速、警官は浜辺で女の子を探した。
ほどなくして彼は、一人の可愛らしい女の子を見つけた。
警官は、少女に優しく尋ねた。
「お嬢ちゃん、ここに裸の男の人がいたでしょう?その人に何をしたのかな?」
女の子はちょっと間を置いて答えた。
「あたしね、鳥さんと遊んでたの。」
女の子は、不思議そうな眼差しの警官に言った。
「そしたら、鳥さんがあたしに唾を吐きかけたの。」
「唾を?」
「だからあたし、鳥さんの首をへし折ってやったの。」
「で、それから?」
警官の問いに、女の子は怒った様子で言った。
「2つあった卵を割って、鳥の巣に火をつけてやったわ!」


無理しないでボチボチ
大人の面白画像

exciteで削除されたブログ


日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]
足の裏
c0124744_993866.jpg

ある女性がバーに入ると、非常に大きなブーツを履いた男が酒を呑んでいた。
女性は男に近寄り、流し目を送りながら言った。
「ねぇ、足の大きさとあそこの大きさが比例してるって、ほんと?」
すると男はニヤリと笑って言った。
「本当かどうか、これから試してみねぇか」
二人はバーを出てホテルへ向かい、一晩を共にした。
翌朝、女性が去り際に、男に100ドルを手渡した。
「お、こりゃすまねぇな。女にこんなに感謝されたのは初めてだぜ」
「いいのよ」
女性はにっこり微笑んで言った。
「そのお金で足のサイズに合うブーツを買いなさいよ」

c0124744_995314.jpg

c0124744_910882.jpg

目の見えない人、耳の聞こえない人、そして足の不自由な人が癒しの泉へ巡礼に出かけた。

目の見えない人が、その泉の水で目を洗って叫んだ
「目が見えるぞ!目が見えるぞ!」

耳の聞こえない人も、泉の水で耳を洗い、叫んだ
「耳が聞こえるぞ!耳が聞こえるぞ!」

足の不自由な人が、車椅子を水に漬けて、叫んだ
「新しいタイヤだ!
無理しないでボチボチ
大人の面白画像
Raokonのジオログ

日記@BlogRanking←お手数を掛けます。

[PR]